これから、大河ドラマ「麒麟がくる」の第4話が放送されますが、

毎週わたしも大変楽しみに、番組を拝見しています。

番組が始まる前に、第3話の感想を^_^

第3話は、斎藤道三(本木雅弘さん)が
娘・帰蝶(川口春奈さん)の夫である土岐頼純を毒殺し、
夫を亡くした帰蝶(川口春奈)が明智荘を訪ねるところから始まります🎬

** ここから、大河ドラマの感想になります(^^)(ネタバレ注意です) **

夫を亡くした帰蝶(川口春奈さん)が、光秀(長谷川博己さん)や駒(門脇 麦さん)と

懐かしく再会し、
思い出を語りながら笑顔を取り戻します。

一方、道三は、毒殺した土岐頼純の父、土岐頼芸(尾美としのりさん)の元に出向き、
美濃の守護として擁立しようします。

道三に、「使い物にならないものをわざわざ殺しはしない」と
嫌味をいわれた土岐頼芸は、もともと道三のことを嫌っていたため、

道三の息子である高政(伊藤英明さん)に自分が実の父親であるかのようにほのめかします。

すなわち、高政の心を道三から引き離し、関係を拗らせようと企みます。

この時の、道三のにらみと声と演技が、
なんとも戦略的な道三の人格を表していて、
ひやひやドキドキしました。

土佐と美濃との関係は、というと、
美濃は、もともと守護である土岐が治める国だったのですが、
この時代、守護代・斎藤家の名跡を継いだ道三が、美濃の実権を握っていました。

室町時代の末期は、国元で勢力を強めた守護代に取って代わられるなど、
下位の者と上位者が入れ代わる下剋上の時代。
この美濃国と土佐の関係も、まさにそのような関係。

もしかすると、今の時代も、
時代の変化によって、
年齢やいままでの実績とは関係なく、
実力主義ともいえる評価の仕方が、重なる部分があるように思います。

さあ、4話これから!楽しみです!

サントラジャケット

レコーディング前のプリプロ🎤
今日は名古屋に!大好きなサポーターの方々と初のお仕事♪