麻衣子です。

‪5/1の0時より、
大切な令和の日が明けますね。

日本ではなく
この大切な節目をアメリカで迎えるからこそ、
感慨深いものがあります。

天皇陛下は、
11歳で戦争の時代を生き、
混乱の中、色んな価値観の変化に
対応されてこられたかと思います。

30年間のご公務を終えるにあたり、
涙をこらえて平成最後のお誕生日に
ご挨拶されてる天皇陛下のお話は
胸に響きました。

このお話を聞いて、
‪日本はある意味、
大統領だけが存在するのではなく、
象徴という天皇の存在があったからこそ‬
‪平和が保たれてきたのかもしれない…‬と
思いました。

この時代の心優しき天皇陛下だったからこそ、 国民の心は、愛を大切にしようとする
品格が保たれたのかもしれないと。。。

次の世代、受け継いでいく者たちとしても、
‪「平和への祈り」を絶やさぬよう‬
‪愛を籠めて生きていきたい‬と思いました。

 

声と心と向き合って、作品を生み出す旅。
名だたる作曲家が集まる、ASCAPのパーティにお招き頂きました