♦︎2018年10月22日(日)戸隠神社 歌唱奉納(長野県)

〈まいこレターより〉

諏訪公演の翌日は、戸隠へ。

天候が心配ではありましたが、台風通過の前日ということで開催することができました!

雨の中、お越しくださった皆さま本当にありがとうございました。

戸隠神社 中社・社殿

戸隠神社までは、長野駅から車で約1時間、クネクネと山道を登っていきます。

戸隠神社の中社で標高は1200メートル。気温はグッと下がります。

「戸隠」という名前の通り、世の人々の目から隠され、

自然の力によって封印されてきた霊山。

「私は鈍感なのでわかりません(笑)」という方でも戸隠に来ると、

「氣」が違うのがわかると仰ります。

皆さまと共に正式参拝を行い、歌唱奉納が始まりました。

神聖な氣を感じ、この場所で、今日歌唱奉納をさせて頂けることに

堀澤麻衣子はじめスタッフ全員が大変に身が引き締まる想いを感じておりました。

_THS6889 (2)のコピー

お越しになったお客様は、本当に食い入るように舞台を眺め、お聴きくださり、

身体を揺らす姿、涙を流す姿は、一緒に喜び、慈しみ、困難を乗り越えていくかのように感じました。

きっと、皆さまが持つ様々な想いを重ねながらお聴きくださったのでしょう。

今回のミュージシャンは、MUTのメンバーでもあり、すでに心が通じ合っている仲間です!

オルガニストの金子雄太さん、そしてギタリストの前田智洋さん。

金子雄太さんは、いつもはピアノを演奏していただいているのですが、今回はオルガンを初披露して頂きました。
重厚で丸みのある音が社殿の雰囲気とマッチしていました。

そして、前田智洋さん作曲の「Nano-Hana」は涙なしでは聴けませんでした〜

 

人生初めての「歌唱奉納」をさせて頂きました。
堀澤麻衣子よりファンの方へメッセージ