★映画制作の裏側 「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」 *English follows
Maikoです!

4月にLAでレコーディングをしてきたわけですが、

その内容が、

今回の映画スコア4曲。全てが「歌詞がない歌=ボカリーズ」でした。

 

映像作品を歌う場合、

まだ出来あがっていない場面を歌う事が多いのですが、

その場合、

ストーリーとメロディからその場面を想像し、

映像として頭の中で絵画のように描き上げます。

ある意味、歌い手とは音楽家のようであって、画家のようなもの。

頭の中で絵を描ききってから、

その世界観にふさわしい声を表現します。

もう少し具体的にいうと、

今回は、ストーリーとして、

「長く続く戦いの悲しみの中において繰り広げられる●●の場面」

ということだけが告げられ、

あとはメロディと使われている楽器の種類、

アレンジの音の残響感や音色から、どんな雰囲気の声を、

どのような長さで、どんな温度感で求められているかを判断し、

声で表現します。

すべては、歌詞のない曲だからこそ、

その場面にある想いをすべて、声にのせます。

エンディングで流れる曲については、

終わらない戦いの悲しみの中においても、

王国の威厳を表現するべく、

一部だけその雰囲気が伝わる造語を音楽プロデューサーと作り

4曲全て、息を沢山まぜた「倍音」で歌わせて頂きました。

また、今回の音楽プロデューサーとは、

これが初のレコーディングとなり

お互いの言葉と音のイメージを一致させるところからスタート。

逆に、長く一緒に組んでいる音楽プロデューサーさんや、

音響エンジニアさんとは、

何度もセッションすることで、相手がどんな音や声のことを

どんな言葉やイメージとして話すのかがよく分かってくるため、

レコーディング時間も比較的早くなります。

音楽を作る過程では、

音は、そのまま音として表現できないため、

ほとんどの場合、その人独特な言葉の表現方法を読み取り、

息の多さは、ビブラートの大きさは、

声の質感はどんな雰囲気をほしいと思っているかを

感じ取ってから、実際のレコーディングを進めていきます。

すなわち、音を言葉のイメージで伝える必要があるため、

両者の間での共通認識を増やす時間がどうしても必要なのです。

今回もそこに少し時間を費やしましたが、

丁寧に話し合った結果、

良い映像作品に仕上がっていったのではないかと思っています。

歌唱曲はこちら

映画「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」サウンドトラック
http://www.square-enix.co.jp/music/sem/page/kingsglaive/
(このページで流れます。2曲ランダムに流れるのでEnterを押してね)

●The background of the production for the movie “KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV” LA recording untold story

Hello ! This is Maiko! In April,I did the recording in LA,
Four songs,I sang in this movie as a drama (film score). Everything was “no lyrics songs = Vocalises”.

If you sing a video work,
we often sing a scene that is not up,
in that case,
imagine the scene from the story and the melody,
bring to draw like a painting in my head as a video.
In a sense, a singer is like a musician and also like a painter.
You draw a picture in your head,
to represent the voice appropriate to its view of the world.

More specifically,
this time, as a story, only that “●● of the scene that unfolded in the sadness of the long-lasting fight” is told,
and from the melody and the kind of musical instrument being used with, the reverberation and the tone of the sound of the arrangement, you
determine the voice of any atmosphere, of any length,at any temperature, and then represent by a voice.

All is, because the song without lyrics,
all the feelings in the scene, we put on the voice.

For the song that plays in the ending,
in the sorrow of the battle does not end,
in order to represent the kingdom of dignity,
I made a coined word in only one part to transmit the atmosphere with a producer,
and all the four songs, I sang in the breath with a lot of mixed “overtone”.
In addition, the current producer,
this is the first recording
we started from the place to match the image of the words and the sound of each other.
On the contrary, with the producers or the sound engineers worked long together,
since we have many sessions, recording time will also be relatively quick because we can understand the other party talks about any sounds and voices as any words or any images ,

In the process of making music,
since sound can not be directly expressed as a sound,
in most cases, you read how to represent a person’s unique words,
and feel what is required at any atmosphere in the abundance of breath, in the size of the vibrato,
or in the texture of the voice,
then we will promote the actual recording.
That is, since it is necessary to convey sounds in terms of image,
time to increase the common understanding between both is absolutely necessary.
Also there this time we spent a little time,
carefully discuss results,
I believe that it finished a good video work.
Movie “KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV” soundtrack
(On this page, the song is played.)
http://www.square-enix.co.jp/music/sem/page/kingsglaive/
Let Me Hear your impressions (^^)

‪#‎堀澤麻衣子‬ ‪#‎KINGSGLAIVE‬  ‪#‎FINALFANTASYXV‬ ‪#‎制作秘話‬ ‪#‎LA‬ ‪#‎レコーディング‬ ‪#‎映画‬ ‪#‎ファイナルファンタジーXV‬

KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV Original Soundtrack 2016.09.07 ON SALE
SQUARE-ENIX.CO.JP|作成: SQUARE ENIX CO., LTD.