【 映画「KINGSGLAIVE ファイナルファンタジーXV」

楽曲提供できたことを誇りに思えるような素晴らしい内容でした 】
*English follows
 
Maikoです。

FF

レコーディングの時は、実際の映像がなく、

どんな場面で自分の歌が流れるのかわかりませんでした。

そのため初公開の映画を観ながら、わたしの中でも謎解きが始まりました。

ああ、あの歌はこのシーンで使われたんだ・・・

そう思いながら映画を観るはずでした。

しかし、初めて深く知る映画のストーリーが本当に素晴らしく、

また全てがCG映像とも思えぬ完成度で、気がついたらのめり込んでいて、

2〜3度泣いていました。それくらい我を忘れて入り込める作品でした。

映画館を出る時、後ろで観ていた人が、

「すごかった、もう一度観れる!というか観たい」

と友達と話していたのも印象的でした。

「人の想い」を表現するために、音楽で絆や愛を表現する。。。

そのために、言葉そのもので表現するのではない、

言葉のない歌=ヴォカリーズで歌いました。

戦いが尽きない世界。

その中に潜む悲しみの中にも

かすかな未来への希望や光を届けられるよう祈りをこめて歌いました。

その世界観を歌が共に創り上げる形で、映画に統合されていたため、

制作側としてというより、いち観客として入り込める感動的な映画でした。

今回観て思った率直な感想は、

戦いのつきない世の中を

ファンタジーという世界で表現しているものの、

これから起こりうる現実世界を描いているようだったこと。。。

しかし、どんな悲しみの中でも、私たちが生きる上で忘れてはいけないものを、

思い出させてくれる映画でした。

世界が平和であることを願い、

歌を祈りとして捧げている私としては、

このような作品に携われたことは、とても嬉しいことでした。

映画公開を一緒に見に来てくれたファンの方々や、

いつもお世話になっているスタッフと一緒に、16名で映画を鑑賞致しました♪

真剣に語り合い、笑い、遊び・・・とても楽しい一日でした(^^)

ff2


続きは、明日・・・LAで行ったレコーディング秘話をお話します!

 

Movie “KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV” was amazing!!

I am proud of offering the music !!

Hello ! This is Maiko !

When the recording, there was no actual video, so I did not know what my song is flowing at any occasions.

So while watching the movie, guessing began even in me.

“Oh, that song was used in this scene…” I was supposed to think so while watching the movie.

But, deeply knowing for the first time the movie story is really nice, and all is too high completion to believe all is the CG
images, and I was crying 2 or 3 times.

Was it about the work which I forget myself.

When I left the movie theater, the person who was watching in the behind, was also impressive was talking with a friend and
“it was amazing, want to see whether I can see again.”

In order to express the “people’s feelings”, to express the bond and love with music. . .

For that purpose, not to express in words themselves, I sang in the absence of words song = Vocalise.

The world that fight is not exhausted, I sang with great prayer to be delivered the hope and light to faint future even in the
sadness lurking in it.

Because the song had been integrated into the movie creating the world together,

it was a touching movie that I devoted asone audience rather than as a production side.

Frank impression that I thought watching this time, although it represents a world that does not regard the battle in the world of fantasy,

it seemed to be depicting the real world that may occur in the future. . .

However, even in what grief, what you do not forget on which we live, it was a reminder movie.

Hope that the world is at peace, as I have dedicated a song as a prayer, I was very happy to participate in like this.

We watched the movie together with 16 people of fans who came to, and friends who get along with.

Seriously talk, laugh, play … It was a very pleasant day (^^)

Continued in tomorrow, I am going to talk about the recording untold story in LA !

#‪#‎KINGSGLAVE‬ ‪#‎FFXV‬ ‪#‎絆‬ ‪#‎FF音楽‬ ‪#‎堀澤麻衣子‬ ‪#‎映画‬ ‪#‎ゲーム‬ ‪#‎歌手‬