Maikoです。
先日、茨城県行方市の市長 鈴木周也さんの所にお邪魔致しました。

IMG_5600 [1018295]

茨城県行方市の教育委員会の5名の方に、
ボイストレーニングの重要性について、お話させて頂きました。

スマホ、PCが日常的に手離せなくなった現代、
お子様も、お母様、お父様方も、
先生方も声を出す機会が減りました。

声を出す機会が減れば、声が出にくくなったり口が開かなくなり、綺麗な日本語の発音で話す機会が少なくなります。

日本語は口を大きくあけなくとも、アクセントをつけなくとも、何となく聞こえてしまうので(本当はあったほうが聞こえやすいのですが)、
「口が開かない癖」をお持ちの方がとても多いのです。

一番困る場面は、
就職時や、大学などの
面接試験の時。

心に情熱があっても、
声や話し方で真意が相手に伝わらない・・・
そんな状態になってしまうのです。

企業側としても、どの人を採用したらいいのか困りますし、面接を受けるご本人も、想いやイメージが相手に伝わらなかったりという弊害が出てしまいます。

読み・書き・そろばんと言われてきましたが、
「読み・書き・話し方」といってもよいほど、
今の時代は、声や話し方の一定レベルのトレーニングは大切ではないかと思っています。

今回は、まず幼稚園の先生方に、
話す声と歌う声の両方をご指導させて頂くことになりましたが、

小学生のうちから、
良くない声の出し方の癖がつく前に、子供達にも同じような発声の知識、トレーニングをさせて頂ける機会を、今後作っていただきたいとご提案しました。

教育長の正木さまをはじめ、
行方市の教育委員会の皆様は、大変真剣に話をお聞きくださり、

「先生方、子ども達のみならず、プレゼンをして頂いた私たちにも大きな期待と夢を抱かせるお話本当にありがとうございました。」
と、心温まるメッセージも頂き、感激致しました。

帰りは、弊社の校長 司先生と

「創った発声法が、未来の子供達や声に悩む方々のお役に立てることができたら、本当に幸せだね」

と話しながら帰路につきました。
これからも、こつこつとできることを積み上げていけたらと思います。

IMG_5609 [1018296]

“VOCAL EDUCATION”

I visited Mr. Suzuki, the mayor of Namegata city, Ibaraki prefecture.

I told to 5 members of a board of education, the importance of voice training.

In today’s computer-aided world, not only the children but also the parents and the teachers have few chances to let out their voices.

If this chance declines, it is difficult to open their mouths and it will reduce the chance to speak clear Japanese pronounciation.

As a language, since we can hear Japanese without wide open mouth and the accent, there are many Japanese people who have a habit of closed mouths when they speak.

Worst of all, when the interview exam for the employment and for the entrance for the university, even if you have a passion, it should be difficult to express your true intentions because of your voice or your way of speaking.

In addition, the company may not be able to decide whom to be hired and also the interviewees could not express the image that matches their feeling.

Previously, it was saying that “Reading, writing and the abacus” but now we can say “Reading, writing and SPEAKING “.
I think that it is important to do voice and speaking training.

This time, we are going to teach the nursery school teachers the voice for speaking and singing.
But I suggested that in the future it is necessary for elementary school students before they have a habit to let out their voices improperly, to teach vocalization and to do training.

Mr. Masaki, the superintendent of education, and the other members of a board of education in Namegata city, listened to our proposal in real earnest.
And in a few days, I received a heartwarming message; “Thank you for your speech that you gave not only for teachers and students but also for us. We can have big expectation and dream.”

On the way home, Mr. Tsukasa and I talked that we may be happy if the vocalization we made is useful for future children and the people who have a trouble for their voices.
I would like to pile up little by little what I can do from now on too.

【MaikoのおススメWednesday】
【 出版界のイチロー 】